vアップシェイパーems 使い方

ネットの口コミで意見が割れるのは使い方が良くない可能性も…?

 

どんなダイエット器具でも、ネットの口コミで必ず出てくる賛否両論。

 

ヒロミさんプロデュースのVアップシェイパーEMSでも『効果あり』・『効果なし』といろんな評判が出回ってますが…

 

実際のところ、使い方次第でも結果が変わってくることって、けっこうあります。

 

ここでは、VアップシェイパーEMSでシェイプアップに成功したわたしが意識した効果的な5つの使い方について解説します!

VアップシェイパーEMSの5つの効果的な使い方!

 

まずは意識してみることから始める

せっかくEMS器具+姿勢矯正(骨盤矯正)も期待できるんですが、フル活用しないともったいないです!

 

着方ですが、EMSコントローラーの位置が丹田(お腹の下)に来るようにしてください。

 

これだけで、背中の2本の支え(背骨スッキリボーン)が背筋をピンとしてくれます。

 

そこで意識してほしいのが、『自分の身体は美しい!』…と、思い込む事です!

 

自分を美しいモデルと思って姿勢も振る舞いもキレイにする

モデルは人から見られるお仕事で、常に正しい姿勢を意識して筋肉をかなり使っています。
ダイエットに効果的なのはもちろん、相手からの印象も大きく変わります!

 

モードは1日1種類に集中! 強度は慣れたら6〜9の間

 

使用方法ですが、モードは変更するとレベル1に戻って面倒なので、以下のどれか1つに絞って10分×3セット行います。

 

・『M1(アウターマッスル)』
・『M2(インナー&アウター)』
・『M3(インナーマッスル)』

 

頻繁にモード(周波数)をM1、M2、M3と変更すると負担も分散して実感も得にくくなる可能性があります。

 

1日に1つのモードがオススメです。

 

まずはレベルの弱い2〜3の間でスタート!

 

2〜3分ほどで慣れたら早い段階で徐々に強さを6〜8にして一気に筋肉を働かせます。

 

かなりビクンビクンとお腹が跳ねますが、痛みを感じないギリギリを狙ってください。

 

わたしの場合、強さをマックス9にしたらピリピリとした痛みがあり、ちょっと火傷したのであまりオススメはしません。

 

ちなみに、取説どおりに1日30分以内は守ってください。

 

Vアップシェイパー自体はなるべく身に着ける

 

EMSコントローラーを外せば、ガッチリ加圧&姿勢矯正ができるのも◎!

 

そこが、ほかのEMS器具と比較してのメリットですね。

 

ただの腹筋を鍛える器具と思わず、衣服のように着て姿勢の良い痩せやすい身体づくりを心がけてみてください。

 

マグマジェルを塗る必要もなくて、かぶれる心配もまずないです。

 

また、お腹も適度に加圧されて食べすぎ防止にも良いですよ(笑)

 

筋肉ダメージを増やして休息→より効率的な筋トレに

 

筋トレって、慣れてくるとだんだん効かない状態になりますよね。

 

できれば、VアップシェイパーEMSを使うときに、+αで筋肉にダメージを与えたほうが良いです。

 

たとえば…

 

・デスクワーク中に手で椅子をつかんで両足を少し上げて10秒間キープ×5セット
・息を完全に吐ききってお腹を凹ませて10秒間キープ×5セット

 

これで翌日に筋肉痛なら、休息してその次の日に再開する流れです。

 

筋肉の超回復でより痩せやすい体質づくりも可能です!

 

午後〜夕方の間をコアタイムにする

 

生体リズムだと、昼間から夕方が体温が高く、筋トレなどの効果を高められます。

 

普段はVアップシェイパーを着けて、夕方あたりにEMSコントローラーを装着してトレーニングのコアタイムを作りましょう。

 

お掃除や洗濯、料理のタイミングに合わせて10分、10分、10分と続けるのもありです。

痩せる・痩せないの決定的な差を生み出す行為って…?

 

VアップシェイパーEMSを使っても『ぜんぜん効果ない…』っていう結果になるパターンがあります。

 

それが…食事や間食です!

 

なにかを達成した後って、なんとなく自分にご褒美をあげていませんか?

 

「今日はこれだけやったし、〇〇を食べていいでしょ!」

 

っていう油断が、失敗の始まりです…!

 

ブログの体験談や感想・ネットの口コミだと、過程が書かれてなくて結果の書き込みが多いです。
なぜ『効果ない』なのか、その理由が不透明なパターンでもあります。

 

普段通りの生活+VアップシェイパーEMSを続けること、これが意外とできていないパターンもあるのでご注意ください。

 

\初月マグマジェル1本無料&送料無料!/

page top